FC2ブログ

Daily life:Anno

杏乃の日常をなんとなく綴った日記。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ リレー小説?TOP小説 ≫ リレー小説?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

リレー小説?

はーい、新眞さまとのリレー小説の続きですww
カオス状態は相変わらず・・・ハム子総受けから途中キタハム寄りになっているような気がしますが・・・

とにかく終盤はハム子もキタローも修羅場になってます。
ホントに罪作りな2人になってます(笑

今回は女子たちもばんばん参加してますよー☆

ではでは、続きを読むからどうぞ~w

ハム「えっ…///キタロ…?…治ったの?ホントに?」

キタ「治んない。あと1時間こうしてなきゃ死ぬ。」

荒・真「嘘つくなっっ!」

順平「はいはい、とりあえず離れようね~。さっきから殺気がぷんぷんだからね~。
   …って俺ダジャレ言っちゃった!うぷぷ。」

天「寒いです。幾月さんに弟子入りしたんですか?」

ゆか「バカじゃないの!?てか、バカじゃないの!?」

順「二回言うなぁぁぁ!」

風「順平君…。」

キタ「・・・(コソコソ)」 

天「あ!キタローさん!!ドサクサに紛れてハム子さんに再び抱きつくのやめてくださいよ!」

キタ「…。綾時…」

綾「えっ?何かな☆」

ハム子「・・・(ドキドキ)」 

ゆか「あんたもときめいてんじゃないのっ!」

ハム「えっ、だって…。」

キタ「分かってる。俺の事がす・・・(もごもご) 荒「はい、終了!!」

真「ナイスだ!シンジ!」

天「はいはい、ハム子さんから離れてくださいね。」

綾「はいはーい!!次僕の番だよね!?ハム子ちゃんおいで~w」

ゆか「あんたの番もない。(ぴしゃり)」

真「バカ言え!交代制なら次は俺だろ!」

荒「お前もない。(きっぱり)」

天「真田さんにもありません。というか…僕以外はありません!」

真「なんだとっ!!お前じゃハム子に全然届かないじゃないか!天田!」

天「しっ、身長は今関係ありません!!」

美鶴「明彦…。場所とお前の年齢を考えてみろ。」

真「天田、お前じゃハム子の”ちょっと大きいウェストポーチ”くらいだろ。 
  って!な、なんだ美鶴、お前だってキタローの事になると顔が真っ赤になるじゃないか。」

天「真田さんだってそんなことしたらハム子さん窒息死しちゃいます!」

美「なっ!いっ、今は関係ないだろう!しょ、処刑する!」

真「ち、窒息だと!?そこは加減してだきしめ・・・ギャッ!!!  (カキーン)」 (真田氷漬け

美「ハァハァ…。まったく。」荒「桐条…」順「容赦ねぇ…」

アイ「ほー、氷のオブジェですかー。なるほどなー。」

ハム「先輩っ!大丈夫ですか!(汗」

綾「桐条先輩、怒った姿も綺麗ですね☆」

美「か・・・からかうな///」

ハム「美鶴先輩、照れてる!!かわい♪」

美「や・・・ハム子、よせったら///」

荒「ふう・・・伊織、溶かしてやれ。」

順「え、アギダインでいいんすか?逆に燃えたりしませんかね?」 

真「・・・・」

荒「あいつは死なねぇからそれでいい。」

順「えええええ!?無敗の王者すげえーー!!」

風「みなさん…ここ学校ですよ…?」

天「ペルソナ出していいんですか?」

ハム「みんなに見えないからいいんじゃないかな?」

キタ「むしろそのまm・・・」

荒「お前はホントろくな事言わねえな、キタロー。(ため息)」

ハム「キタロー…。じゃあ、先輩を見殺しにしちゃうの…?」

天「ハム子さん!大丈夫です!順平さんが助けます!」

順「え!俺っち!?(うわーどうしよー。)」

キタ「自然解凍でいいんじゃない??」 

荒「どけ。」

順「荒垣さん!?…って鈍器!?」

ハム子「じゃあ、削ってかき氷にしない?」

キタ「いちごシロップ予約で。」 

綾「あ、僕メロンね!」 

風「えっ!?みなさん本気ですか?ハム子ちゃん~。」

ハム「私は、カルピス!」

ゆか「ちょ!」

天「僕は…ブルーハワイ希望します。」

風「天田君まで!!」

アイ「みなさん、真田さんのエキス(汗)たっぷりのかき氷食べるのでありますね。
   なら私のドリルがてっとり早いであります。」

みんな「やめとく。」

風「アイギス、ストップ!」

美「・・・そもそも”かき氷”とは何なんだ???」

ゆか「氷を削っていろんなシロップをかけて食べるんです。夏に。」

美「しろっぷ・・・??ああ、ラム酒やシェリー酒を使った特別なソースか?」

ゆか「ちょっと違いますけど…夏の暑さにはいいんです。
   今度、お祭りに行ったときに食べましょう!ねっ、風花。」

美「ああ。それは楽しみだ。じゃあ今度女子で夏祭りに行くか。浴衣は私が用意する。」

ハム「わーい☆」

風「楽しみです。」

順「あの…結局真田さんは…どうするんですか~?」

荒「伊織、放っておけ。」

順「えぇ!?わっかりましたぁ!」(あっさり)

美「今度は焼きそば?というものに挑戦したいな。」 

アイ「私は“水あめ”というものに挑戦するであります!」

ハム「アイギス、水あめいいねw凄く美味しいよ!」

綾「きゃー楽しみです!」

ゆか「あんたは入ってない。」

キタ「いやーん、たのしみ・・・(棒読み)」 

綾「ねぇ~、キタちゃんw」

ゆか「あんたら、女子か。」

天「みなさんならきっと浴衣お似合いですね。」

荒「ったく、俺もう帰っていいか…?」

キタ「やだ、天田君たら。褒めても何も出ないわよ。(棒読み)」 

綾「やーん、荒垣さんも浴衣何色にするか決めましょうよ~w」

荒「着ないから帰っていいのか…?」

順「キタローが壊れた。」

天「…。キタローさん…」

キタ「どーでもいい。」

天「あっ、戻った。」 

綾「えー、荒垣さん!ハム子ちゃんの浴衣姿興味ないんですか!?」

荒「べっ、別に興味ねぇよ///バカか!」

風「あっ、氷が…。」

キタ「別におかしくなってたわけじゃ・・・はっ!?」  

真「俺は興味あるぞシンジ。」

荒「なんで俺に言う!///興味ねぇって!///」

ハム「真田先輩!無事でしたか!」

真「そうか、見ないなんて残念だな。シンジ!」 

順「なんかとけたあああああ!すげええええ!普通に喋ってる!」

真「愛の力だ。(キリッ」

荒「誰も見ないとは言ってねぇ!興味ねぇとは言ったが…」

キタ「興味ないなら見なくていいんじゃないんですか?俺は見るけど。」 

順「・・・・(真田さん、単に体温高いだけなんじゃ・・・てか化物だ!)」

天「みなさん変態がいるので気を付けてくださいね。」 

真「・・・だとさ、キタロー。変態とはお前だろ?」 

キタ「俺じゃない。綾時。」

綾「ええええ!ボク!?真田さんでしょ!どうかんがえたって!」

真「どう考えてもキタローだろう!」

キタ「真田さんみたいなエグい水着は着ないし。やっぱり真田さんだな。」

真「お前らだろう!」

順「いや、真田さんでしょ・・・」

真「伊織まで!」

順「あの水着はないっすよ。」

真「今は水着は関係ない!」

荒「やっぱこいつらだけじゃ不安だから俺もついてく。」

ハム「荒垣先輩wwwかっこいいww」

荒「そんなことねぇよ///」

美「・・・おや、どうしたんだ?荒垣。心なしか顔が赤いような気がするが・・・」 

荒「きっ、気のせいだ…///」

ハム「荒垣先輩かわいいwwうふふw」 

荒「るせぇ///」

天「ハム子さん、惑わされないでください!荒垣先輩なんて全然可愛くないです。」 

ハム「天田君もかわいいよ?」

天「は、ハム子さん///えへへ、照れるなぁ///」

ハム「照れた天田君もかわいい☆」

天「や、やだなぁハム子さん///ハム子さんの方が可愛いです。
  だって僕はそのうちハム子さんより・・・背も高くなるし・・・///」

ハム「ありがとう♪楽しみに待ってるね。」

真「聞き捨てならんな。それで牛乳を飲んでいるわけか。」

天「まだ成長期ですから。」

真「・・・女は基本年上が好みだと順平から聞いたぞ。」

綾「それはどうでしょう?」

天「それは順平さんが年下が好きだからですよ。」

キタ「その理論変。だってハム子は俺のこ・・・(もごもご)綾「僕の事好きだもんね。」

荒「言ってろ。」

ハム「うん?綾時のこと好きだよ?」

綾「ハム子ちゃんwww嬉しいなぁw両想いなんだね僕らw」 

キタ「・・・(イライラ)」

真・天「…。」

ハム「キタローも好きだし、天田君も、真田先輩も、荒垣先輩も、みんな好きだよ?」

綾「は、ハム子ちゃん・・・天然??」 

順「俺っち入ってねーーーーー!!!!」

ハム「ううん?」

ゆか「ハム子、わざとでしょ。」

荒「お前何でも好きとか簡単に言うなよ?」

綾「そうだよ?それはキミの一番大切な人に言わなきゃ。というわけで、今度二人きりの時に聞かせてねw」

ハム「だって、みんな好きだもん。それじゃ、だめなの?荒垣先輩。」

荒「ダメだ。だーめーだー。お前はもっと自分を大事にしろ。」  

ハム「はぁい…。」

順「キタロー?」

キタ「・・・なに?(怒)」

順「ハム子っち、とられちまうぞ?お前が取りに行かなきゃ。」

風「順平君…。」

キタ「取りに行く・・・?ていうかすでに付き合ってる(つもり)んだけど」 

美「・・・・っ!!」

ゆか「…!?」

風「(やっぱり勝てないのかな…?)」

ハム「え!?あ、えっと・・・(付き合ってる!?)」

順「あれ?俺っちいいこと言ったつもりなんだけど…。」 

天「なんだか・・・ただ事じゃない空気ですね、女子のみなさん。」

風「えっ。えっと…天田君こそいいの?この雰囲気。」

天「え?別に何も問題じゃないです。結局僕のものですから。」

順「・・・(すげえ空気が重い。こいつらどんだけ股かけてんだ??)」 

風「天田君かっこいい…。」

ゆかり「天田君がうらやましいよ、あたしだってそんな風になれたらな・・・(ブツブツ)」 

荒「誰のものとかじゃねぇんだ。あいつはものじゃねぇだろ?」

真「”もの”じゃなくて”ひと”だわな、そりゃあ。」

美「明彦、余裕だな。(それに比べて私は…)」

荒「桐条、こいつは単にバカなだけだろ。」

天「そうですね。ハム子さんは僕の恋人です。」

綾「僕の恋人だよ!ほら、ハム子ちゃんに指輪あげたし!」

ハム「うん。もらった。」

天「僕の恋人です。僕は家の鍵を渡しましたよ!」

順「・・・(家の鍵って・・・。)」

真「俺の・・・こ、恋人だ!俺はアマプロテイン渡したぞ!」

順「俺にはチドリんが… ゆか「聞いてない。」

順「ほら、キタローも!」

キタ「ハム子は恋人だけど、俺は・・・まだ何もあげてないや・・・。じゃあ第2ボタン??」

順「あっ、そうなの?」

ゆかり「(まだ、望みありそうだし…いける?)」

ハム「気持ちがうれしいよ!ありがと、キタロー!(ニコ」

キタ「そんなこと言わず、シャツのボタン全部持ってけドロボー。」

美「・・・・!!」 

順「さぁ、荒垣さんも!」

荒「お、俺か・・・!?俺は・・・」



今回はここまでです^^!
新眞さま、会話が入り混じってたので少し順番変えちゃいました☆
次回の絵茶が今から楽しみですwwww

ではでは、次回をこうご期待下さいw

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。